MENU

やたらとペニスが痒い。

 

ただ痒いだけじゃなく、やたらと痒い。

 

ジッとしているとジリジリと痒みがこみ上げてくる。

 

よく見ると、痒いだけじゃなく斑点みたいな赤みがあったり、カスが変に多かったり。

 

とにかく、うまく言えないけどいつものペニスとは違う。自分の知ってる自分のものじゃない。

 

怖くなりますよね。性病じゃないかと考えたりもするかもしれません。

 

でも性病って、エッチの経験がなくてもなるものなの?

 

性経験がないのであれば、とりあえず性病を疑う必要はないと思います。

 

性経験がないときで、ペニスの異変を感じるとしたら、細菌やカンジダのようなカビ菌が感染して起る亀頭包皮炎の可能性が高いのではないでしょうか。

 

病院に行くべきかと言われれば当然心配ならば行くべきでしょうが、性感染症を診断されるのではないかと恐れながら行く必要はありません。

 

診察や検査を受けたら、適切なお薬をもらえてそれで解決です。

 

 

目次

・ペニスが痒いとき、病院に行ってお薬を貰う意味
・性感染症がどうしても心配!
エッチはしたことないけど、風俗に行ったことはある
風俗で遊んだのはけっこう前のことなんだけど…
少しの性行為とペニスの痒みを結び付けてしまうのは
・性行為より日ごろの行動に原因があるのでは?
  マスターベーションの習慣が原因になっている可能性
洗いすぎている可能性
洗い過ぎでカンジダが悪化
・まとめ

 

 

ペニスが痒いとき、病院に行ってお薬を貰う意味

 

「んーでもまだ病院に行かなきゃという感じではないんだよな、ただ痒みがあって、ちょっと様子が違うかなというくらいで」

 

お、病院に行きたくないのですね。

 

その状態であればもう既に亀頭包皮炎だと思いますから、症状は軽くてもやはり病院で薬を貰うのが良いと思います。

 

炎症の原因が細菌によるものなのか、カンジダ菌のような真菌によるものなのかで使うお薬が違いますから、しっかり検査してもらう必要があります。

 

でも確かに病院に行くほどでもなさそうという感覚はありますよね。

 

その状態での対処法としては、とりあえずペニスに余計な刺激を与えないこと、そして清潔を保つことが重要です。

 

刺激を与えないというのは、例えば痒いからといって掻いたりこすったりしないこと。

 

清潔に保つと言えば簡単に思うかもしれませんが、亀頭包皮炎の状態ではペニスの洗い方にも注意して、刺激を与えないようにしなければなりません。

 

具体的には、石鹸は使わず、シャワーなどで軽く洗い流すこと。流水による刺激で痒みが軽減されて気持ちよく感じるかもしれませんが、サッと洗ったら患部をしっかり乾燥させるようにしましょう。

 

それで数日間だけ様子を見て、快方に向かわないのであれば、本格的に治療をするべきです。

 

つまり、諦めて病院に行くこと。

 

性経験がないのならとりあえず性感染症の心配はありませんし、性経験がなくてもペニスに異常が起きることはありますので、恥ずかしいことではありません。

 

性感染症がどうしても心配!

エッチはしたことないけど、風俗に行ったことはある

「待って、性経験はないけど、その性経験ってどれくらいのことを言うの」

 

「つまり、本格的にセックスをしたことはない、挿入はしたことがないけど、風俗に遊びに行ったことはある、あとオナニーはする」

 

少しでも性感染症の心配があるならなおさらお医者さんに相談すべきだと思いますが、その、性感染症の心配をするべき行為がどの程度なのかが分からないとやはり不安ですよね。

 

他人と接触したのであれば性感染症にかかる可能性はゼロではありませんが、性感染症と言えばただの接触ではなく、粘膜の接触による感染が基本です。

 

極端な話、キスだけでも感染する可能性があるウィルスや細菌があるということ。

 

よって、オーラルセックスだけでも性感染症にかかることは十分に考えられます。

 

ペニスに異変が感じていて、性感染症の心配が少しでもあるなら、例えばフェラチオのようなオーラルセックスをしたという心当たりがあるのかもしれません。

 

フェラチオのみでも感染する可能性が高いものを挙げるとすれば、クラミジア、淋菌、ヘルペスなどでしょうか。もちろん、性感染症とは言えない細菌や真菌と接触する可能性もあります。

 

最近、風俗で遊んだ経験があって、それが原因かもなと思うのでしたら、しつこいようですがやはり病院で診てもらうようにしましょう。

 

どうしても嫌だ、勇気が出ないというのであれば、自宅で簡易検査ができるキットがありますから、心当たる項目を選んで、せめてとりあえずそちらを利用してはいかがでしょうか。

 

風俗で遊んだのはけっこう前のことなんだけど…

「風俗で遊んだのはもうけっこう前のことなんだけど、それでも性病の可能性はありますか?」

 

性感染症が発症するまでには潜伏期間がありますから、症状が出たり、検査に陽性反応が出たりするまでにはある程度日数が必要です。しかし潜伏期間はそれほど長いものではありません。

 

少なくともクラミジアであれば長くても3週間程度、淋病ではせいぜい一週間程度の潜伏期間です。

 

今現在ペニスの様子がおかしくて、それが風俗で遊んだせいかもしれないと思っても、それが例えば半年前の出来事だとか言うのであれば、症状と性行為の間には関連性がないと
考えるのが普通だと思います。

 

そもそも、クラミジアも淋病も、症状としてはペニスの亀頭や皮の部分の痒みというよりは尿道の不快感や排尿痛などが一般的です。

 

亀頭部分が痒いというのであれば、ばい菌が傷口から入ったという可能性が最も高いのではないでしょうか。

 

細菌性の亀頭包皮炎か、カンジダ性の亀頭包皮炎である可能性が一般的です。

 

少しの性行為とペニスの痒みを結び付けてしまうのは

そういうものを性感染症と結び付けて考えてしまうのは、もしかしたら性風俗での行為中に不安感が刺激されるような経験をしたのかもしれませんね。

 

もしかしたら、症状そのものよりも、この精神的な不安を医師に相談することに抵抗があり、ネットの情報に頼ろうとしているのかもしれません。

 

不安を解消するためには、きちんと向き合うしかないと思います。

 

亀頭や包皮部分に痒みや赤みが出ていればばい菌が入ったせいで起こる亀頭方包皮炎だと思います。カスが増えるとか亀頭部分が白くカサカサになるという症状があるなら、カンジダ性亀頭包皮炎の可能性が高いです。

 

性感染症の不安が拭えないのであれば、医師に相談するしか方法がありません。それができないなら簡易の検査キットを使う。

 

ただ、風俗での性経験がずいぶん前のことであるのなら、今ペニスが痒い理由とは無関係と言いきって良いと思います。

 

亀頭包皮炎の原因は日ごろの行動にあるのではないでしょうか。

 

性行為より日ごろの行動に原因があるのでは?

マスターベーションの習慣が原因になっている可能性

日ごろの行動と言うのは、つまりマスターベーションなどです。

 

他人との性行為が原因となっている可能性が低いなら、自分の習慣的な行動の方に問題があるかもしれません。

 

性経験はなくても、マスターベーションはするのであれば、その際についつい刺激を強くしてしまったりしているかもしれません。

 

ペニスに強い刺激を与え、もし傷ができてしまうと、細菌や真菌はそこから入りやすくなってしまいます。

 

また、いわゆる床オナと呼ばれる、床や布団などにペニスを擦り付ける方法をとる方もいるかもしれません。刺激が強い方法なため、知らず知らずのうちにペニスを傷つけてしまう可能性もあります。

 

傷がある状態で、不用意に不潔な手で触れてしまったり、清潔とは言えない状況が続けば、ペニスに炎症を起こしてしまうほど雑菌が繁殖することもあるでしょう。

 

洗いすぎている可能性

ペニスを乱暴に扱うことや、不潔な状態にするにも問題ですが、ペニスを大事に洗いすぎてしまうのも危険です。こちらの方が危険度は高いかもしれません。

 

しかし、洗い過ぎと聞いてドキリとする人はいないでしょうか。

 

「洗いすぎてなんかいない…、しかし石鹸を潤滑剤にしてオナニーをすることはある」

 

結果的に洗いすぎていますよね。

 

石鹸をペニスにつけた状態で、どれくらいの時間こすり上げているでしょうか。

 

石鹸は洗浄力が強力ですから、なかなか気づかないかもしれませんが亀頭部分などには刺激的すぎます。

 

時間を忘れ、終わったあとに少しヒリヒリするなんて経験をしたことがある方もいるかもしれません。

 

このような状態では、細菌にしてもカンジダ菌のような真菌にしても、抵抗力が弱くなってしまっていますから、亀頭包皮炎にかかる可能性は高くなります。

 

清潔なのは良いですし、潤滑剤を利用してのマスターベーションも良いのですが、石鹸は使いすぎると危険だと覚えておきましょう。

 

洗い過ぎでカンジダが悪化

また、洗い過ぎはカンジダ性亀頭包皮炎にかかっている状態では特に避けるべきだと言われていることです。

 

石鹸では細菌を殺菌し洗い流すことはできても、真菌を洗い流すことはできません。

 

痒みがあるといつもよりキレイにしようとつい石鹸を使ってしまいますし、洗っている間は(こすり続けているから)痒みが治まるようで気持ち良いかもしれません。

 

しかしその後亀頭の上に残るのはその部分にしっかり根付いたカンジダ菌です。カンジダ菌は他の細菌がいなくなった分繁殖しやすくなりますから、悪化を招くと言われています。

 

悪化させずに洗うには、流水のみで簡単に洗い流すようにすることです。

 

もしそれでは洗った気がしないというのであれば、ファンガソープEXという薬用ソープを使うことをおすすめします。

 

やはり洗いすぎる必要はありませんが、これならば刺激も弱く、かつ細菌に真菌にもティーツリーオイルの天然の殺菌効果が期待できますので、症状の軽減が期待できます。

 

まとめ

ペニスに異変があるなら、性感染症の可能性があろうがなかろうが病院に行った方が良いでしょう。

 

亀頭包皮炎がカンジダ性のものなのか、細菌性のものなのか、判断してもらう必要があります。

 

もちろん、性感染症の可能性に少しでも心当たりがあるならなおさら、その可能性を確かめてみるべきです。本格的なセックスの経験はなくても、オーラルセックスでもかかる性感染症があります。

 

様子を見るのなら、清潔を心掛けましょう。このとき、ファンガソープEXのような薬用ソープがあると悪化を防げて安心です。

 

ファンガソープで症状が軽くなったり治まったりすることもあるかもしれませんが、特にカンジダ性亀頭包皮炎の場合、専用の抗真菌薬で治すのが基本ですから、完治はしてないと思っていた方が良いです。

 

症状が治まったなら良いですが、またいつ再発するかも分かりませんから、そのまま継続して、また徹底して、清潔と乾燥を心がけましょう。