MENU

ほっておくとだんだんひどくなって治りにくくなるカンジダ膣炎

 

膣内にかゆみや痛みが出て悩んでいる方はいませんか?カンジダ膣炎は、ほっておくと症状が悪化して治りにくくなります。早めに病院で治療を受けることをおすすめします。
症状がでているのが膣ですから、なかなか周りにも相談できず、病院に行くのもなんとなくはずかしいものです。
ですが、だからといって放置してしまうとかゆみが増してきたり、おりものが大量、においがきつくなるなどだんだんと症状が悪化してしまいます。
カンジダ膣炎は、軽度のものなら放置しておいても自浄作用により自然治癒の可能性もあります。しかし、かゆみなどがひどい場合などの重度の場合には、自然治癒を期待するのはやめておきましょう。病院に通い薬などで治療しなければなかなか治るものではありません。
また、カンジダ膣炎を発症するきっかけには、免疫力低下が原因の一つに上げられます。そのため、重度の場合病院の薬だけでも治療に時間がかかると感じたら、自宅での対処法も考慮すべきです。免疫力を上げるために、栄養をしっかりととれるようバランスのよい食事を心がけるのも一つの手段です。その他にも睡眠不足なども免疫力低下の要因になりますので、しっかりとした睡眠をとるのも免疫力向上には大切です。