MENU

カンジダ膣炎の塗り薬は炎症を抑えるために使いましょう

 

カンジダは女性の方が症状が出やすく、発症すると自然に治る事はありません。カンジダ膣炎を発症すると症状としては白いおりものが大量に出るようになり、激しいかゆみや痛みを伴います。さらに悪化すると排尿障害などの症状もあらわれることもあります。白い織物を放置してしまうと、おりものが原因で外陰部が赤く腫れてしまったり、カンジダ膣炎が慢性化し再発を繰り返すようになります。症状の悪化や再発を繰り返さないためにも早期に治療する必要があります。治療方法としては膣洗浄を行い、外陰部には塗り薬を塗り、膣の中には膣錠を入れます。膣錠も外陰部に塗る塗り薬にも抗真菌剤が含まれています。抗真菌剤はカンジダ菌の活動を抑える働きがあり、治療を続けるとカンジダ菌を殺菌する作用があります。さらに塗り薬には外陰の炎症を抑える働きがあります。カンジダ菌に感染すると激しいかゆみが現れますが抗生物質は使用してはいけません。抗生物質を使用すると逆効果になりカンジダ菌を増殖させることになります。そのため、治療には必ず抗真菌剤が含まれているものを使用しましょう。外陰がひどい炎症を起こしている時は薬を塗る前にぬるま湯でやさしく洗い、その後に塗ると効果的です。カンジダ用の薬は市販薬として購入する事ができますが、市販薬はあくまでも再発した時のための薬です。初めてカンジダ膣炎を発症した時は必ず産婦人科などの専門の医療機関へ受診するようにしましょう。

 

 

症状が軽い間は効果があるカンジダ膣炎の塗り薬

 

女性のデリケートゾーンのかゆみ、病院にも行きにくいし人にも相談しにくいものです。
様々な原因がある中でも比較的なりやすい症状はカンジダ膣炎です。
女性の膣内は常に湿っている状態であるため、菌が繁殖しやすい状況になっています。
性交渉が原因でなるだけではなく、自身の分泌液でなってしまうこともあるのです。
このようなことが起こる原因としては、ストレスによる免疫力の低下や抗生物質を飲んだことによる免疫低下も原因としてあげられます。
まずは予防するためにも生活習慣の見直しから始めましょう。
かゆみが出たからといってショックを受けることも恥ずかしがることもありません。
症状がどのぐらい進行しているかにもよりますが、初期の段階であれば塗り薬で効果が発揮される場合もあります。
最初はムズムズとしたかゆみが生じて、ひどくなると寝付きが悪くなるほどのかゆみに襲われるようになります。
そうなる前に早めに対処しましょう。
現在は市販の薬でもたくさんの種類が出ていますので、どの薬がご自身に合っているかはネットで情報を収集したり、抵抗がなければ薬剤師の方に相談してみても良いでしょう。
カンジダ膣炎は自然に治ったように感じることもありますが、根本から治さないと再発しやすい病気です。
どうしても心配な方は病院に行って治療を受けるなり、体の様子に応じた治療を行いましょう。