MENU

カンジダ膣炎治療!処方された薬をしっかりと飲もう

 

カンジダ膣炎は、膣内の常在菌であるカンジダと呼ばれるカビの一種が以上に増加することにより炎症が起こる病気のことを言います。性交渉の有無にかかわらず、発症します。
カンジダ膣炎の症状としては、おりものの異常と外陰部・膣内の痒みがあります。おりものは白色や黄緑色のヨーグルト状や酒粕のような状態になることが多いようです。外陰部の炎症が悪化すると、痒みだけではなく痛みを伴うこともあります。
カンジダ膣炎に対する治療法としては、内服薬や外用薬、膣剤のいずれかを単体で使用するか症状によっては併用することにより、完治させることが出来ます。いずれも抗真菌薬が使用されます。
しかし、一度完治した場合でも、ストレスや疲労などで免疫力が低下すると、再発するケースもあります。また、症状が良くなったと思い、治療を途中でやめてしまった場合も同様に、再発することがありますので、処方された薬は医師の指示に従って最後まで使用することが大切になります。
再発を防止するためには、疲れやストレスを溜めないようにするとともに、体を冷やさないようにするなど、免疫力を高めるような食事、生活スタイルを心掛けるようにすることが大切になります。