MENU

カンジダ亀頭包皮炎を自宅で治すために大切なこと

 

カンジダ性亀頭包皮炎は病院へ受診せずに自宅で治療をする事も可能です。自宅で治療するためにはまず、病気を調べる必要があります。通常病院で検査をし性病の原因を調べますが、自宅で簡単に性病検査をする事が出来るキットを使用することで性病を調べる事ができます。匿名で検査をする事ができ結果はインターネットで確認する事が出来るので家族に性病だと知られたくない方にもお勧めです。郵送検査キットでカンジダの感染の有無を調べる事が出来ため、検査を行います。そして、カンジダ性亀頭包皮炎とわかったら抗真菌剤が配合された軟膏を購入します。抗真菌剤が配合された軟膏は薬局では販売されていませんが、通販でなら個人での使用に限り輸入する事が可能です。また、カンジダ性亀頭包皮炎は薬の治療だけではなかなか治す事ができません。健康な日常生活を送ることで治療を短期間で終わらせる事ができます。規則正しい生活や適度な運動、栄養のある食事を心がけましょう。そして、入浴の際は性器を洗いすぎない事も大切です。石鹸は性器に常に存在している細菌を殺菌してしまいカンジダ菌の増殖を招いてしまうため洗いすぎには注意が必要となります。カンジダ菌は乾燥に弱いので入浴のあとは良く乾燥させる事も大切です。

 

 

「亀頭包皮炎(きとうほうひえん)」を予防するために

 

亀頭包皮炎は、亀頭や包皮を汚れた手で触ったり、下着のこすれや洗いすぎなどで小さな傷ができ、そこから様々な細菌が侵入して増殖し、炎症を起こす事で生じる病気です。感染した細菌の種類によって症状は異なりますが、一般的に痒みや赤み、水ぶくれや丘疹が現れます。治療には塗り薬や細菌の増殖を抑える内服薬を使いますが、症状が軽い場合は自然治癒する事も珍しくありません。亀頭包皮炎を予防するには、男性器を清潔に保つ事が第一です。包茎の場合だと亀頭と包皮の間に垢やカスが溜まりやすく、細菌が繁殖する温床となってしまいます。しかし清潔にしようと洗いすぎるのは逆効果で、石鹸やボディソープを使うと皮膚を保護する役割を担う油分も洗い落としてしまうので、ぬるま湯で垢やカスを洗い流す程度の洗浄が適切です。また、洗う時に強く擦ると亀頭の薄く敏感な皮膚を傷つける事になるため、注意が必要です。また、亀頭包皮炎が生じるのは包皮が亀頭を覆っている包茎の人に多く、赤ちゃんや子供に起こりやすい病気です。再発を繰り返したり、抗生物質や抗菌剤を用いた治療でなかなか症状が改善しない場合は、包茎手術を行う事で亀頭包皮炎の再発を防ぐ事ができます。

 

 

発情男性がなりやすい亀頭包皮炎とは

 

亀頭包皮炎とは、粘膜や皮膚の表面が細菌に感染してしまう男性特有の病気です。
包茎と密接な関係があり、通常の自然な状態の包皮の表面は先端部となる包皮輪を境に、内板と外板に分けられます。
二つのうち内板が亀頭に接していて、このない板と亀頭の間に細菌が増殖して炎症がおこった状態を祈祷包皮炎といいます。
症状は、亀頭・包皮の発赤、ただれ、疼痛、腫れなどですが悪化すると潰瘍が出来たり膿が出たり、排尿通を伴うこともあります。
亀頭包茎炎になる原因は、包皮の内板と亀頭の間に恥垢がたまり、それが尿で汚染されることによって細菌が感染することなどで発病します。また、包茎の場合は亀頭が外気にふれにくく、体温や尿の湿り気で細菌繁殖しやすい状態に陥りやすくなってしまいます。
亀頭包皮炎の治療は、抗生物質や科学治療薬などの抗菌薬を服用し、場合によって消炎鎮痛剤を併用します。軽症では、患部を消毒した後、抗菌物質の外用剤を塗布する治療のみで治すことが多いです。
亀頭包皮炎にかからないためには、包皮と亀頭の接している部分に外気を当て、恥垢が溜まらない様に入浴時に包皮を翻転させぬるま湯などで優しく洗い、汚れた手で触らないよう清潔を心がける事が大切です。

カンジダ亀頭包皮炎を自宅で治すために大切なこと記事一覧

亀頭包皮炎をケアするための入浴法・洗い方亀頭包皮炎は症状が悪化してしまうと炎症がひどくなり最悪の場合、細胞の壊死を引き起こす危険性があります。また性感染症でも亀頭包皮炎に似た症状の病気が存在する為、痛みや痒みなどの症状がひどくなる場合は必ず病院へ受診するようにしましょう。亀頭包皮炎は体調が悪かったり、男性器が不衛生な状態になっていると誰でも発症してしまう病気です。また軽度の症状であれば自然に完治す...

プールは大丈夫?亀頭包皮炎亀頭包皮炎というのは、大腸菌やカンジダなどの細菌やカビが、亀頭や包皮で繁殖することで引き起こされる炎症です。原因としては、成人の場合には性行為、子供の場合には風呂で性器をよく洗わないということが考えられます。大人が亀頭包皮炎になった場合には、治りにくく再発しやすいということで、非常に厄介な病気です。そんな亀頭包皮炎にかかった状態で、プールに行く予定があるとすれば、中止する...

亀頭包皮炎が悪化しやすい人とは亀頭包皮炎は子供に多い症状ではありますが、一部の条件を満たした場合には大人でもなるリスクがあります。それが亀頭包皮炎が悪化しやすい人であると考えられており、その条件と言うのは包茎です。大人の亀頭包皮炎の場合、その原因となっているのはカビの一種であるカンジダである場合が多く、包茎と言う環境はカビの繁殖に非常に適しているのです。そのため包茎の男性がカンジダに感染した場合は...

亀頭包皮炎検査の方法亀頭包皮炎になってしまい病院へ受診すると、どんな検査が行われるかわからないから怖い、行きにくいという方も多いでしょう。病気で不安なところに、何か痛かったりつらかったり怖かったりするなら、何もしないで症状が収まるのを待つほうがいいと思うかもしれませんが、それは危険な行為です。しかし、病院に行くからといってそんな恐れることはありません。亀頭包皮炎で病院に行っても、特に検査などは行わ...

亀頭包皮炎の軟膏の塗り方亀頭包皮炎は包皮の間に恥垢がたまって細菌感染し、炎症を起こしてしまっている状態です。これによって亀頭が腫れて痛みを感じたり、排尿時にしみたりします。炎症がひどい場合には亀頭から黄色い膿が出てしまうこともあります。亀頭包皮炎は赤ちゃんもよくかかる病気で、治療は無理のない範囲で包皮をむいて膿を出してしまい、あとは消毒をして抗真菌薬の軟膏を塗って、抗生物質を飲みます。不潔な手で触...

亀頭包皮炎を自力で治す方法男性器が痒い、赤くなっている気がするという場合には亀頭包皮炎を引き起こしている可能性が高いです。亀頭包皮炎は男性器が不衛生になっていたり、傷ついている時に発症する場合が多い病気です。その為亀頭が常に露出している男性よりも亀頭が常に皮に包まれている包茎の方に多い病気で、特に子どもの患者さんが多いです。子どもの場合は細菌に感染して発症する事がほとんどですが、大人の場合はカンジ...